動脈硬化とは?

動脈は、体のあらゆるところに、酸素や栄養などを運んでいます。
栄養や酸素が不足したり、血液の脂質(コレステロールなど)がたまったり、高血圧によって血管に負担がかかっていたり、動脈の細胞が新しく生成されなくなったりして、動脈に弾力性がなくなり、硬くて壊れやすくなります。

また、動脈にコレストロールなどがたまり(プラーク)、その表面が破れると、血栓(血管の中で、血液が固まる)ができて、血管を詰まらせてしまいます。
このように、動脈壁が厚くなったり、動脈が硬くなったりして、血液の流れる部分が狭くなり、血液がスムーズに流れなくなる状態を、「動脈硬化」と言います。
また、動脈硬化が原因で、さまざまな症状が身体に現れることを、「動脈硬化症」と言います。

動脈硬化には、3種類あります。
「アテローム(粥状)動脈硬化」は、比較的太い動脈(脳動脈、大動脈、冠動脈など)に発生する動脈硬化のことです。
コレステロールなどの脂肪でできた、ドロドロの粥状物質が、動脈内膜に溜まることで、アテローム(粥状硬化巣)ができます。
そして、徐々に、それが厚くなって、動脈の内腔を狭くしていきます。
アテローム動脈硬化は、患者数が圧倒的に多く、コレステロールと深く関わっています。

「細動脈硬化」は、細い動脈(脳、目の網膜、腎臓)などが硬くなって、ふさがってしまったり、血管壁が全体的に破裂し、出血を起こしたりします。
長期間、高血圧が続いている場合に、起こる傾向があるようです。

「メンケルベルグ型(中膜)硬化」は、動脈の中膜にカルシウム(石灰質)が溜まり、硬くなったり、もろくなったりします。
また、血管の壁が破れることもあります。
下肢や頚部の動脈、大動脈に発生しやすい動脈硬化です。

動脈硬化の原因

動脈硬化となる要因には、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満、ストレスなどが挙げられます。
どうして、体内で動脈硬化が起こるかは、まだはっきりと分かっていませんが、動脈硬化は、10代からすでに始まって、それが進行して、40歳を超える頃にさまざまな症状が現れます。
動脈硬化は、誰でも加齢とともに、起こる可能性のあるものなのです。

高血圧の人は、絶えず動脈壁に高い圧力がかかっているので、内膜が傷ついてしまいます。
傷ついたり、治ったりを繰り返すことで、そこに脂肪が溜まりやすくなるのです。

血中コレステロールが高いことは、「粥状動脈硬化」の最大危険因子となります。
血管内膜に、「LDL(悪玉)コレステロール」が過剰に溜まり、酸化されます。
そして、「アテローム(粥腫)」を発生させます。
アテロームとは、脂肪物質が、血管壁の中に厚く溜まって、“おかゆ”のようなドロドロ状態になったものです。
アテロームが、どんどん厚くなると、血栓ができて、血管が詰まってしまうのです。

高中性脂肪(トリグリセライド)血症の人は、動脈硬化を予防してくれる「HDL(善玉)コレステロール」の値が低いです。
また、 尿酸値が高かったり、肥満や糖尿病を合併させたりします。
つまり、動脈硬化となる危険因子が備わっているのです。

糖尿病の人には、中性脂肪や、血中コレステロールの値が高めの人が多く、HDLコレステロールを減少させる場合があります。
また、糖尿病は、血糖値が高いことから、血液の粘度が高くなり、血栓を起こしやすくなるなど、多くの因子をもった恐ろしい病気なのです。

動脈硬化の食事療法

動脈硬化にならないようにするには、「食事療法」が一番良い方法だと言われています。

まず、1日の摂取カロリーに注意を払い、食べ過ぎないように、腹八分目を心がけましょう。
肥満は、動脈硬化の危険因子となるだけでなく、糖尿病、高血圧、高脂血症のような、危険な病気を引き起こすこともあります。
そのため、肥満傾向の人は、まず肥満を改善する必要があります。

1日の摂取カロリーは、標準体重1kg当り、男性では30kcal、女性では25kcalとなっています。
標準体重を計算する方法は、たくさんありますが、自分の身長から100を引いた値に、0.9をかけて求められた値が、だいたいの目安となります。
一度、あなたの標準体重を計算してみてくださいね。

また、動脈硬化のなかでも、「粥状動脈硬化」の場合は、コレステロールと深く関わっています。
だから、多くコレステロールを含んでいる食品(タラコやイクラ、牛・豚・鶏のレバーや内臓の肉、鶏卵、バターなどの乳製品、ケーキなど)を、食べ過ぎないようにしましょう。

中でも、バター、生クリーム、肉の脂身には、動脈硬化を促進させる「飽和脂肪酸」が多く含まれています。
多く脂身を含む肉など、動物性脂肪は食べ過ぎないように注意してください。

それに対して、魚の脂肪や植物性の油には、多くの「不飽和脂肪酸」が含まれています。
これは、動脈硬化を予防する作用があります。
ただ、不飽和脂肪酸を取り過ぎることは、体に悪影響を与えます。

食生活で動脈硬化を予防

動脈硬化を予防するには、バランスのとれた食生活が重要です。
食生活の中で、特に次の点を注意しましょう。

・肥満を改善しましょう。
・動物性脂肪を摂り過ぎないようにしましょう。
・食物繊維をたくさん摂りましょう。
・積極的に、青魚や大豆製品を摂りましょう。
・塩分の摂り過ぎに注意しましょう。
・甘いものやアルコールを控えましょう。

食物繊維は、小腸でコレステロールが吸収されるのを阻害し、体外へ排出する作用があるので、血中コレステロールの上昇を防ぎます。
そのため、野菜やきのこ類、海藻類など、食物繊維を豊富に含む食品を、たくさん食べるように心がけて、動脈硬化を予防しましょう。

塩分の摂り過ぎも注意しなければなりません。
塩分を摂り過ぎると、血圧を上昇させて、「細動脈硬化」を招きます。
そのほかにも、胃がん、脳出血、腎臓病など、深刻な病気が発症しやすくなります。
食事の味付けは、薄味にしましょう。

糖分の取り過ぎも良くありません。
中性脂肪を高め、HDL(善玉)コレストロールを減らして、糖尿病を招きます。
洋菓子や清涼飲料水には、たくさんの砂糖が含まれているので控えましょう。

糖尿病の人や、中性脂肪が高い人は、禁酒が原則ですし、何か病気をもっている人は、医師に、飲酒について確認してください。

喫煙も、動脈硬化の危険因子となります。
さらに、喉頭がんや肺がん、食道がんと深く関係するので、健康に気をつけるのなら、やめたほうが良いでしょう。

動脈硬化の症状

動脈硬化になると、体のどこに、どのような症状が現れるのでしょうか?
動脈硬化が発生しやすい部分は、心臓、脳、足で、それぞれの箇所には、次のような症状が現れます。

「心臓」に関する症状は、階段を上り降りする際に、動悸がします。
また、重い荷物などを持ちながら歩くと、息苦しくなります。

「脳」に関する症状は、手や足の力が抜けたり、しびれたりします。
また、うまく話せなくなったり、頭痛がしたり、めまいが起こったりします。

「足」に現れる症状は、冷えやすくなったり、歩くとふくらはぎや太ももの裏側に、痛みを感じたりします。
また、足を引きずるような状態になります。
足の痛む場合、安静にしても、なかなか治まりません。
少しの刺激を受けただけで、傷ができたり、化膿していたりして、その治りも悪くなります。

「沈黙の病気」と言われる動脈硬化は、初期症状はほとんどありません。
自覚症状のないまま、静かに、そして深く進行していくのです。
つまり、上に挙げたような症状が現れたときには、動脈硬化がかなり進んでいる状態なのです。

生活習慣病検診などで、動脈硬化だと診断されても、全く症状が現れていないからといって、そのままにしている人もいると思います。
しかし、動脈硬化と診断されたのなら、進行が進んでいるのは確かなことなので、一度、自分の食生活などの生活習慣を見直してみてください。
そして、バランスの良い食事や、適度な運動などによって、動脈硬化の改善を目指してください。

恐ろしい動脈硬化

コレステロールなどが、血管の内側の壁に付着して、スムーズに血液が流れなくなると、細胞に栄養や酸素が運ばれにくくなってしまいます。
そうすると、さまざまな障害が、体に起こるようになります。
また、動脈硬化の進行がさらに進むと、血液の塊などが血管に詰まり、血液がそこから流れなくなって、命に関わるような重大な病気を、全身のあらゆるところに引き起こします。
それが、動脈硬化の恐ろしいところです。
それでは、動脈硬化によって起こる主な病気を挙げます。

「脳卒中」は、死因の上位を占めており、生命は助かったとしても、言語障害や半身不随となるなど、重い後遺症を残してしまうことが多いです。
脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血、脳血栓という4種類があります。

「狭心症」とは、心臓の周りの「冠動脈」という血管の内腔が狭くなって、血液が流れにくくなる状態のことです。
緊張したり、激しく動いたりした際に、血液が心臓に十分流れなくなり、胸全体が痛くなる発作が起きます。

「心筋梗塞」は、冠動脈内が狭くなり、血の塊が付着して、完全に血管が詰まってしまった状態をいいます。
胸痛が激しく続いて、酸素不足となった心筋細胞が壊死します。
壊死の範囲が広がると、死に至ることもあります。

「大動脈瘤」は、胸部や腹部の大動脈の径が大きくなり、こぶ状になったものです。
そのこぶが破裂すると、呼吸困難を起こしたり、ショック状態となったり、急死する場合もあります。

「腎硬化症」や「腎不全」は、 腎臓の働きが低下して、体外に排出されなければならないものが、体内に溜まってしまい、尿毒症を発症し、深刻な事態へ発展することもあります。

動脈硬化の予防

動脈硬化は、日常生活の中で、少し努力するだけで、予防することができます。

第一に、バランスの取れた食事を心がけることが大切です。
それに加えて、適度な運動を、毎日習慣づけて行うことが、動脈硬化の予防になります。

中でも、太もも(大腿部)の筋肉を使用する、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うのがおすすめです。
大腿筋は、体の中の筋肉でもっとも大きく、有酸素運動を行うことによって、活発に大腿筋を動かすと、「リポタンパクリパーゼ」という脂肪を分解する酵素が働きだします。
それにより、善玉コレステロールが増加し、悪玉コレステロールが減少することがわかっています。

ウォーキングなどを、1日2~3キロを目標として毎日行うと、確実に2~3週間で効果が出てきます。
毎日習慣的に行うのが一番良いのですが、無理に、体調の悪い日や悪天候の日などに行うと、逆に危険となります。
運動を3日行わないと、効果が低下してしまうので、毎日行うのが辛い人は、1日おきに行うようにしてください。

また、動脈硬化と診断されると、日常生活の改善法を指導されるとともに、薬物療法も行われます。
最近では、新しい薬がたくさん開発されており、動脈硬化を治療するために役立っています。
処方される薬は、主に次のものです。

「HMG-CoA還元酵素阻害剤」は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを減らします。(シンバスタチン、プラバスタチンなど)

「クロフィブレード系誘導体」は、善玉コレステロールを増やして、中性脂肪を減らします。(ベザフィブラート、フェノフィブラートなど

「ビタミンE剤」は、悪玉コレステロールが、酸化によって変性するのを抑えます。

薬物療法も大切ですが、忘れてはいけないことは、薬を服用していても、きちんと食事や運動による療法を続けることです。

生活習慣に潜む危険因子

動脈硬化を起こす危険因子には、生活習慣にも潜んでいます。

喫煙は、ニコチンによって、血小板を凝集させて、動脈の中膜を増やしたり、血中の脂肪が血管の壁に沈着しやすくしたりします。
また、喫煙によって、HDLコレステロール値を低下させたり、 血液の粘度を高めて固まりやすくしたりします。
さらに、血管を収縮させることで、脈拍数を増加させたり、血圧を高めたりします。

ストレス状態が続くと、高脂血症や高血圧症、さらに糖尿病などの、動脈硬化の危険因子となる病気を誘発する場合があります。
さらに、ストレスを溜めていると、血液を固めやすくしたり、血栓をつくりやすくしたりします。
また、性格的に攻撃性の強い人などは、 穏和な人と比べて、ストレスを感じやすいようです。
そのため、そのような人は、血圧が上がって、高脂血症や糖尿病などを悪化させてしまう恐れがあります。
さらに、穏和な人に比べて、狭心症を発生させる確率が7倍も高いそうです。

運動不足が続いていると、中性脂肪の血液中の値が高まり、動脈硬化を予防する働きのあるHDLコレステロール値を低下させてしまいます。
また、運動不足は、肥満を深刻化させ、動脈硬化を発生させる恐れもあります。

アルコールについては、日本酒だと、1日1合程度であれば、HDLコレステロールの値を高める作用がありますが、 多量に飲酒をすると、中性脂肪の値を高めて、脳卒中を発生させる率も高まります。
また、砂糖についても、1日30g以上の量を摂取していると、中性脂肪を高めることになります。

「CAVI検査」とは?

動脈硬化は、自覚症状がないので、「沈黙の殺人者」と呼ばれることがありますが、「CAVI(キャビィ)検査」によって、簡単に動脈硬化を発見することができます。

このCAVI検査では、仰向けに寝た状態で、両足首と両腕の血圧脈波を測ります。
検査時間は5分程度で終わる、気軽に受けられる検査です。
結果もその場でわかるので、医師からの診断がすぐに受けられます。

CAVI検査では、“動脈のかたさ”、“動脈の詰まり”、“血管年齢”の3つを測定します。

「CAVI」とは、「動脈のかたさ」を表します。
動脈は、全身に血液を送るポンプの働きをしていますが、血圧が変化した際のふくらみ方をみることで、動脈の硬さがわかります。
動脈硬化が進行するほど、「CAVI」の値は高くなります。
研究結果によると、その値が「9.0」を超えると、約半数の人が、脳動脈か冠動脈(心臓の動脈)に、動脈硬化が起こっていると考えられます。

「ABI」は、足の動脈の詰まりを表します。
横になった状態で、足首の血圧を測定すると、健康な場合は、腕の血圧と同じくらいの値か、少し高いくらいの値となります。
ところが、足の動脈が詰まっている場合は、腕の血圧と比べて、足首の血圧は低い値になります。
このように、腕と足首の血圧を比べて、その値が「0.9」未満だと、足の動脈が詰まっている確立が高く、値が低くなるほど重症ということになります。

健康で同じ年齢・性別の人の「CAVI」平均値を比較することで、「血管年齢」を知ることができます。
「CAVI」が9.0未満だとしても、血管年齢が高い人は、動脈硬化が早く進行していると考えられます。

「メタボリック・シンドローム」とは?

「生活習慣病」という言葉が、TVや新聞、雑誌などであふれています。
私たち日本人にとって、身近な病気となっており、驚くほどたくさんの人が、生活習慣病にかかっていたり、その危機にさらされていたりしているようです。

厚生労働省の2004年に行った調査によると、「メタボリック・シンドローム」の場合では、予備軍を含めた患者数は、成人では約2,700万人、40歳以上では1,960万人にも達するそうです。
男性の場合では2人に1人で、女性の場合は5人に1人が該当するという割合です。

「メタボリック・シンドローム」とは、内臓脂肪型肥満に加えて、さらに高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上に当てはまる状態をさします。
高脂血症、高血圧、高血糖が軽い状態だとしても、内臓脂肪型肥満と重なることで、動脈硬化が起きる可能性が急激に増します。

このように、内臓に脂肪が溜まる、「内臓脂肪型肥満」が危険視されているのには、理由があります。
内臓脂肪型肥満は、「かくれ肥満」と言われ、見ただけでは太っていると感じません。
そのため、見過ごしてしまい、知らないうちに、さまざまな深刻な病気が進行しており、手遅れとなってしまう可能性があります。

また、内臓脂肪が蓄積すると、糖尿病、心臓病、高血圧などと関連して、「内臓脂肪症候群」という動脈硬化症を発症しやすいと言われています。
内臓脂肪を蓄積することは、肥満であるかどうかということよりも、動脈硬化の発症や進行に関わる重大な問題となります。
内臓脂肪型肥満には特に注意して、太りぎみの人はもちろんのこと、最近お腹が出てきた人や、更年期を過ぎた女性などは、適切な検査を受けると良いでしょう。